WordPressカテゴリーは投稿前に決めておくことが大事。折りたたんで見た目スッキリ

雑記ブログをぼんやりしたイメージで更新していたせいか、カテゴリーは増えていく一方なのに記事数は極端に少なく関連した記事もほとんどない状態に!これが続くのはマズイ、しかもタグとも重複してるし・・・いつかペナルティになる危険もありそうなので一新する事にしました。

サイドバーをシンプルにして、ヘッダーはカテゴリーと固定ページをメニューバーに組み合わせ連動させました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

カテゴリーとタグの関係

カテゴリーの分類は、親でおおまかにまとめて、子で詳細を分ける。

タグはカテゴリー同士をまたいでグループで分けれるので便利だ。しかし多く増やしすぎると見に来てくれた人には逆効果になるし、1記事しかない状態では内容の薄いコンテンツとみなされる可能性が高い。

意外と仕分け作業って大事かも (´・ω・`)

 

カテゴリーを折りたたみ表示で仕分ける

今回はしたことは親を4つだけに絞り込み、以前までのは子に区分けしました。今まで広げすぎたのが難だったがメリハリの利いた状態になった。しかし親子の違いが分からずズラーと縦長になってしまうので階層表示をいれて見やすく、さらに折りたたみにしてサイトの見た目をスッキリさせるようにしたよ。

  1. 外観
  2. ウィジェット
  3. サイドバーウィジェット(全てチェックをいれる)

 

いい感じにできた!

カテゴリを折りたたむことも可能

ここでは投稿数の番号を消すことがもできる。

 

問題があるとしたら、順番を入れ変えることができない・・・

調べてみたらプラグイン「Category Order and Taxonomy Terms Order」とかをインストールすることで変えることが出来るらしいが、コレ以上増やしたくないのと最終更新が古いので他の方法にしました。

 

グローバルナビが役に立つ

カテゴリーが非表示にみえるからら、訪問してくれた人が迷わないように案内板として設置。

こんなのができる。

カテゴリをグローバルナビゲーションにリンク

いろんな人のサイトをみてると気付く、ほとんどの人が使用しています。慣れれば手順もすごく簡単で使いやすいからだとおもう。しかも活用幅は広く固定ページのお問合せ欄やアクセスが多いページなども選択して設定することが可能。アイコンを追加して少しだけアクセントをつけることもできる。

 

始めるとこは「外観」→「メニューを編集」へ移動。

この画面がでてくるはず。

ナビの名前を決める手順

見つからないときは新規メニューを作成で開きます。

自分の好きな名前をつけて作ることができます。
とりあえずデストと名前をつけました。

頻繁に利用するとこを丸く囲ってわかりやすくしてみた。

ナビ設定場所とメニュー構造の順序

項目はドラッグすることで順番は変更可能。

しかもヘッダーだけでなくフッターでも置くことができて、内容についても作成する過程で替えれば全く違うのが作れます。これならプラグインじゃないので重くなる心配もいらないしセキュリティの面でも安心だ。

 

タグ

しかしタグにまで作り直すことにしたが調べると袋小路に入り込んだ。付けかたによっては価値を下げてしまう可能性があるから、どのようにするかを考えすぎて行き詰ってしまった。

前はゴチャゴチャしているタググランドをカスタマイズしてカッコよく見せてるブログが多かったですが、最近は一気に減った。検索エンジンからキーワードを詰め込みすぎてるとおもわれ、この手法が好かれなくなった。しかし検索すれば上位に表示されるウェブもあるので一概にコレが原因とはいえないのかも。

ただ私自身、クリックしたことがないです。
逆に細かすぎて手が止まります。

個人的にはタググランドは設置しないつもり。

タグ自体については全て削除してるので100記事ぐらい書いてからのアクセスなどで決めようと考えてるが、必要性ってなくなってるような気がしてます。

 

まとめ

WordPressだけじゃないですが、ウィブサイトを立ち上げたら投稿前にカテゴリーをメモ書きで小分けしてから始めたほうがスムームに進められると気付きました。私の場合は最初からつまづいてしまったが、最終的には閲覧者が見やすく探しやすいようなサイトになるような工夫していきたないなぁと思ってます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブログ
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY