使いやすい?白いフライパンを試してみたよ

ずーっと前に安価なフッ素加工フライパンが焦げ付くようになってから気になってた調理器具。カインズやニトリやショップジャパンでも売ってたけど、京セラの白いフライパンを買った。

個人的には白い部分の違いが分からない。

同じセラミック加工にみえるよー。

ただね何にもしないと焦げ付く!でも調理をする前と最中に二つの事を注意すれば焦げ付かないよ(半年以上たつとくっつきやすいけど)それでもフッ素加工より落ちやすいから気に入ってる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんなふうに調理できる

調理といっても目玉焼きを作るだけの簡単な料理だよ。

くるくる回します

単純に卵の殻をパカッと割って上手にできましたぁ~♪

そんなものじゃないですよ!
では開始。

少しの油をひいて卵をいれ中火以下で焼きます。白身の部分がかたくなってきたらフライ返しを使う。

そして後は回すだけー。

白いフライパンで目玉焼きを調理

わぁーい 回る~回る~

でも卵1つの方が回しやすいです。

ほんとクルクルと回る!

結構、楽しい!

注目するとこに赤でマーカーを引いた。ポイントは油と火加減が重要。

 

気を付ける点

ここからが大事!

京セラの白いフライパンの良い点は使う前に使用上の注意が目に付くとこにある。

使用時に留意すべき2つのポイント

洗剤で洗ってしまう前に「火力と少量の油について」に気付くように何箇所も工夫している。取扱い説明書を読むと、今まで使用していたのとは違うことが分かるよ。

 

こんなかんじ。

  • 少量の油を全体にぬってから使う。
  • 空焚きはしない。
  • 160℃~180℃の調理がおすすめ。
  • 焦げ付きが気になる場合は予熱後に、弱火におとして調理。
  • 焦げ付きの原因になるから強火にせず、中火以下で使用。
  • 金属へらも使えるが角の丸いなめらかなもので。
  • 熱い本体に冷水をかけるなどの急激な温度変化を与えない。
  • 揚げ物には使用しない。

 

文字にすると難しく感じるけど特に重要なのはここ。

・白い部分は油は菜箸を使用してキッチンペーパーでムラなく塗った方がいい。

・側面部分に塗り忘れがあると新品でもくっつく。

キッチンペーパーがなかったり面倒な時は油をいれたらフライパンを動かして出来るだけ油を広がらせたり、調理する野菜で油を広げてました( ^ω^)・・・

製造国はベトナムでした。

 

具材に熱がとおりやすい

二人分を作るのに丁度いい大きさ26cmのCF-26B-WBU。

フライパン製品番号製品番号CF26BWBU

内側は白い。触ってみるとホワイト部分はツルツルしてる。

目玉焼きは回すのむ夢中で意識してなかったけど、中火で回して短時間で出来上がってた。そこまで悪くないような気がするなぁ。お箸で白身部分を持ち上げる事が出来るぐらい熱が通ってた。

でも料理しながら持って回さないよなぁ

実際に回してみて今までのフッ素加工した軽量タイプのより重かった。重さは855グラム。置いて調理するから問題ないけど片手で持ってする人にはきつい?でもこんなことをする人は少なそうだよね。

熱伝導を受ける点々の底部分

火があたる裏側はすべすべ。

丸い点々が一面に広がってるけど触ってもデコボコ感は感じない。

通常の火加減は中火で一分以下、後は弱火。

時間がかかるなら時たま中火。

絶対に強火の使用はダメ。

弱火でも具材が焼けるよ!うちは温度センサー付きコンロだが問題なく料理できてる。

使用可能な調理機器。

  • ガスコンロ
  • IH調理器100V・200V
  • ラジエントヒーター
  • ハロゲンヒーター
  • シーズヒーター
  • エンクロヒーター

肝心の熱伝導も悪くないし、ほとんど家庭で使えるはず。

 

お手入れ方法

洗う時の注意点はこんな感じだよ。

  • 食器洗い乾燥機はダメ。
  • 焦げ付きはお湯に浸して柔らかくしてから取り除く。
  • 多量の酢や重曹などは避け、漂白剤は使用しない。
  • 一昼夜以上、調理したのをそのままにしない

 

汚れ落としで大助かりな重曹は使えない!たぶん酢が無理だからクエン酸もダメだろう。

焦げ付いた場合!

ヘラで無理に取ろうとしない。

温度が下がったら水をいれてふやかしてから洗う。

私はご飯をたべる前に水を入れてる。そうしておけば茶碗洗いの時はこびり付いた焦げが力をいれずにスポンジたわしで簡単に落としてるよ。

金属ヘラは使えるとあるけど個人的には微妙。意外と頑固な汚れには夏の旬野菜オグラが入ってるネットが使える。本体が傷つかずにゴシゴシとるのに便利♪なにしろ無料だしね。

今までのとたいして変わらないよ。使用後は鍋に調理したものをいれたままにせず、普通の洗剤で洗って裏返して水をきってる。まぁ2500円なので買い替えとしたら許容範囲かなぁ。

 

使った感想

・ソースなどの後始末はフッ素より取れやすく楽な方だと思う。

・少量の油が必要で全体的に塗る。はじめ火加減は約1分以下で中火以下、後とろ火で調理。

永遠に焦げ付かないのは無理だった。だいたい7ヶ月ぐらいから少しくっつくが1年たっても使える。

・私として悪くないと思ったので卵焼き用のも買いました。

ただこちらは蓋をしないせいか弱火にすると時間がかかる気がしたので弱火と中火の中間ぐらいの火力で一気に調理してます。それでも焦げ付かず卵焼きができる。個人的にはおすすめの白。両手鍋もほしい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
レビュー
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY