スッパイマン工場見学は雨の日の沖縄観光でなくても楽しい

晴れてると楽しいけど、沖縄の冬や雨が降ってると観光が楽しくない間違いだった!

 

沖縄にしかない観光施設巡りも面白い。駄菓子が好きならスッパイマン工場見学はいいぞぉー

 

子どもだけでなく大人でも満足できる魅力的な場所なのだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

那覇空港からも近い

遠くまで車を走らせるのは不安、いつも近場の那覇市内でぶらぶらしてた。でもここを知ってからは一択。移動距離の時間をそこまで気にしてくて大丈夫!旅の最終日でも行ける距離にあるスッパイマン工場

空港から近い!2回ほど行ったが渋滞もなく着いた

雨の日でも楽しめる観光スポットだからから、個人的には意外と穴場なのではないかなぁと思ってる。

 

2012年4月に建築、製造過程がみれる。

海沿いのほうにあり近づくにつれ行き交う車も少なくなっていくから場所が間違ってるのか心配になるが近くまでいくと黄色に赤の目立つ建物がたっている。

近くまできたら分かる!

株式会社 上間菓子店の看板

車だと那覇空港からも近いだけでなく、しかも無料でみれる。

駄菓子の製造過程がみれるだけじゃないのだぁー!。

工場見学も魅力だけど、隣接している販売店に訳ありや限定商品がある

入口は別になってるから、見学しなくても買い物だけして帰ることも可能。そこはスッパイマン好きにはたまらない場所だよ。

 

那覇空港から近い2015年にできた沖縄の商業施設、真っ白い建物が異国風。

⇒ 朝早くなら混雑なく瀬長島ウミカジテラスに無料で駐車できた

おしゃれな場所だが時間帯によっては車が渋滞する可能性があるよ。

 

案内時間は決まってる

工場のなかを見れる時間はきまってる。

私達は意識せずに行ったら午前の部が終了していた為に数時間後に再び向かうことになってしまった。考えてみたら普通は解説される時間は決まってるよねぇ。

時間を把握していったほうがいい。二回とも待ち時間なく駐車できたからよかった。

 

時間がかかれた案内板と注意事項
時間は30分間隔、12時~13時まではお昼休み、日祝日は休みだよ。

時間内に着いてることが大事!

待ってるあいだ、隣のお店で買い物もできるよ。限定グッズなどがあるから見入ってるうちにあっという間に時間が過ぎてるはず。

 

少人数でも工場見学できた。

一緒にまわったのは5人家族と私達だけ、途中ですれ違った人達は2人だけだった。人数が少ないなら当日にそのまま行けば大丈夫、10名以上の団体だと電話などで予約したほうがいいらしい。

 

中はわくわくする

中に入ったら目につくのはスッパイマンの絨毯

キャラクターの絨毯
もちろん土足厳禁。すぐに靴を脱いでスリッパに履き替える。あと車椅子やベビーカーは車輪を拭くなどの注意事項が書いてあった。そしてデカい人形。

スッパイマン人形

グッズに描かれてるのは凛々しいのに、スッパイマン人形は笑ってる顔がかなり怖いと感じるのは私だけ?

 

製造工程はビデオとスタッフの説明を聞く

まず見学者は住所などを記入。流れとして階段をあがってガラス越しに生産ラインを見渡しながら専用通路を歩く。同時にスタッフの解説や写真、また稼動してないとこはビデオを見ながら説明を聞く。

数時間もかからない。約15、20分ほど。

見学した感想は早!エッ、もう終わんのって感じ。

 

もしかしたら夕方だったせいなのかな?ほとんど清掃している姿だった。

飴玉の清掃で一箇所ずつ掃除しているのをみれたのはよかったかなぁ。食べ物のお手入れ作業は重要だよね。忙しい時期の朝から昼だったら、フル稼働してたのかも。

 

全体的にこんなかんじだった。

  1. クリーンルーム
  2. 水洗浄・味付け・乾燥
  3. 選別・包装

自分達が行った時、これぞ工場見学だと実感できた場所は最終段階の部分だけだった。

スッパイマン工場の選別と仕分け
大量にある梅を手作業で仕分けてる。形とか色々みてるだろうけど、山盛りになってる状態から選別できるのって凄い。自分だったら目がまわりそうだ。もう一つのほうは機械で袋が流れてて出荷できないようなのを仕分けてる感じだった。

スッパイマンのコラボ商品一覧
工場を見終わるとコラボした商品が壁に並んでて圧巻だったよ。コンビニやスーパーで見かけたのもあったけど、初めてみるほうが多かった。自分は定番物しか食べてなかったみたいだ。

 

たねどこ!?でみかけるキャラが載ってる♪

通販でも、ちょっと変わった商品が売ってた。

 

工場見学終了後に一人一個ずつ、ラッピング包装されたのを手渡された。もらった内側の種が分かる透き通ったべっこう飴。うまいんだわ。それからお気に入りになった。

「あなたの笑顔が見たいから。ほんのお礼の気持ち」
「うさがみそ~れ(お召し上がり下さい)」

お礼の文字が書かれた紙と3個入りのお菓子が入ってた。お礼文字は何通りもあるのかなぁ?

 

衛生面でも安心できた

どんな場所で作られてるか知った事が一番よかった。行ったことで安心できたのが衛生面

工場内にトイレは一切ない

出入りするたびに髪の毛やホコリなどゴミはクリーンルームで取り除く作業をしてから入る徹底ぶり。そして品質管理室も別にあり入荷、製造途中や製造後の検査も行ってた。

 

ここから近い場所にある道の駅。⇒ 道の駅豊崎は安くて買い物が楽しい!

土産や果物や沖縄でしか食べれない総菜がある。しかも安かった。

 

まとめ

子どもの頃は学校行事って感じのイメージしかなかったが、大人になってからだと見た後の買い物したりで二重に楽しかった。雨の日で観光に困ったときにもおすすめ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行記
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY