失敗したのと収穫を楽しめた夏野菜はコレ

初めてのベランダ栽培。私にとってとかいろいろあって夏野菜は意外と難しかった

上手にできたのがゴーヤシソ、そして失敗したのは数知れず。

なかなか収穫までたどりつけないなら簡単な夏野菜を植えたら楽しめるよ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

つまづいたものと簡単にできたもの

うちは全て百円で売られてた容器を使ってプランター栽培、失敗したのと成功した野菜について書いてる。

 

虫がついたもの。

  • ラディッシュ
  • バジル
  • パセリ

肌寒くなってきた秋から冬は順調に育っていたのに、春が近づいて暖かくなってくるとアブラムシとかが密集。とにかく気持ち悪い状態なって成長が格段に悪くなった。

葉っぱを食べるのが目的の野菜だと気分が滅入る。夏は実がなるほうがよかった。

秋から冬だと葉野菜も育てやすかったよ。

 

病気になってしまったもの。

  • きゅうり

じめじめした天気が続くと緑だった枝や葉が白っぽくなるうどんこ病が発生。重曹水が効くが、濃すぎると逆に枯らしてしまう。

 

育てやすかったもの。

  1. ゴーヤ
  2. 茄子
  3. 大葉
  4. トマト
  5. レタス

せっかくだから順番で並べてみた。いちおう茄子にはアブラムシ、レタスや大葉には何かの卵が付いてることがあったが見たらすぐに排除してしまえば大丈夫だった。

この中でほったらかしでも驚くほど成長してくれたのはゴーヤ

苦味があるせいか虫もつかず、ぐんぐん伸びる!

 

毎日の成長が楽しいゴーヤ

ちっちゃなサイズで100円もしない金額で売られてた苗、それでもぐんぐん育ってくれる。

植えたばかりのゴーヤの苗

この写真は、ちょうど買ってきた3日後だったはず。つるが2本ほどあったから支柱だけ建ててたら器用にくるくると巻き付いていってた。7日ぐらいたつと支柱を超えそうになり、ネットを設置したら、伸びが一気に加速した。

毎日、少しずつ変化していくとこが見れて楽しい♪

水は夜にバケツにいれてジャバジャバかけてる。肥料の量は適当だが、植えてから2週間後に一回だけ追肥をした。花は咲いてないけど、虫も寄り付かず逞しく育ってくれる。

 

葉の大きさが変化するナス

あまり高さは変わらないけど、おもいのほか葉が大きくなってきて驚く!

一枚の茄子の葉

始めは女性が握りこぶしをしたぐらいしかなかった、今では手の平をいっぱい広げたぐらいまで成長した。ここまでなるのにうどんこ病になって枯れかけもした重曹水のおかげで復活!

しかも葉が大きくなるほど病気にもなりにくくなっていったよ。

ガーディニング栽培されてる他の家のナスに比べて成長速度が遅かったけど、それは葉のでかさは関係してるかも?葉が大きくなってから全体的に高さも出てきた。

 

収穫が多い大葉

料理のアクセントとして、とても重宝する青紫蘇。とれたてがベランダ栽培できる。

青紫蘇を育てる

一箇所にどばぁっと巻くのではなく、パラ、パラと散りばめる感じでやってたほうがよかった。理由はかなり発芽率はいいから、間引くときに根っこが絡まってしまうことがなかったはず。

しかし発芽率の割に、無事に成長したのは4株のみだった。

ほかのは伸びなくて枯れていった。なんでうまく出来なかったのかよく分からない( ^ω^)・・・全部だったら何かしらの原因があったんだろうと思うけど、一部だけ!

そんな感じで残った4株だったが、収穫はじゅうぶん

味も見た目もスーパーで売られてるのと変わらないから、香味野菜としてかなり使える。害虫被害に合いやすいとも見たが、バジルやラディッシュに比べたら育てやすかった

 

まとめ

寒い冬よりも、あったかい季節のほうが伸びていくスピードが速いから収穫が何回もできそうだと思いきや虫被害にあいやすい。夏は生じゃなく熱を加えても食べたくなかったら、実がなるのを植えたほうが駆除したあとでも気分よく食べれる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ベランダ栽培
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY