取り方簡単!水筒の汚れがゴッソリ落ちた

普段は洗剤で洗って時たま重曹で中をゴシゴシ。少しは茶渋がとれるけど劇的には変わらない。そして数日たつと茶渋の色に戻る。

そんな状態から脱却できたことを書いてる。

・ビフォーアフター
・用意したもの
・こんな感じで落ちていく

お手入れ方法って大事!

子供用から大容量に入るステンレスボトルの水筒まで内側についた茶渋の汚れなどを一掃できた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ここまで綺麗になった

底まで手を入れて洗える広口のステンレスボトルを買っても茶渋が徐々につくのは仕方ないと考えてたが、この間買った水筒の取扱説明書をみながら半信半疑でやってみた。

洗浄後の画像。

漂白剤を使用せずに洗浄した水ボトル

元の状態がわからないと本当にそこまできれいになるのって疑問になりそう。自分だったらそう思うだろうなぁって事で比較画像も用意してみましたぁー!!

水筒の汚れ清掃前と清掃後

燃えないゴミいきだったのが・・・。

こんなに色がついてたのがすっきりぃー。

 

とりあえす試してみようと気軽に洗ってみた結果だけど自分でもビックリするぐらいの効果がでて大満足♪すごく嬉しい!でも恥ずかしいって気持ちも強い。

変色と部分的にあったざらつきのつぶつぶは全てなくってた。

簡単にステンレスボトルが新品の頃に戻ると今までサボってたみたいで恥ずかしいけど披露したくなったからブログに残してみたよ。少ししの手間と時間があれば楽に洗浄することが可能。

 

じつはそろそろ燃えないゴミいきだと思ってた。
・・・ごめんなさい (´;ω;`)

試した事で現役復帰してくれた!

捨てる前にダメ元でやってみる価値があった。ステンレスボトルは本当に面白いほど落ちる。

 

商品についてる取扱説明書は大切だった。

じっくり読んだらお手入れの仕方と内側の色が変わる原因とか書いてる。赤いサビは水に含まれる鉄分など、ザラザラしたものは水に含まれるカルシウムなど。

私は茶渋だと思い込んでた!

熱湯消毒して落ちなかったし茶渋しか考えられなかった。原因は水にもあったのかもしれない。定期的に掃除をすれば色素沈着させることなく雑菌なども一掃できるはずだ。

 

用意したものと順序

必要になるのは2点のみ。

掃除には漂白剤を使わずクエン酸を使う

ジッパー付きのビニールの袋の中にはサラサラした白く細かい粒、開封してもニオイとかは一切しない。

量は買ってきた時に載ってた電気ポット容器の洗浄の方法を参考にした。

こちらが自分が試した手順

  1. お湯を沸かす。
  2. ステンレスボトルに熱湯を入れる。
  3. クエン酸は2~3リットルの容器に50gの目安で入れた。
  4. そのまま1時間ほどつけおき。

する事は、これだけ。

気をつけた点は始めからギリギリまで湯は入れない。

余裕をもってお湯は1センチ下ぐらいまでにしておけばこぼれずにすむ。洗う時は時間が経ってるので熱くないとおもうが、重いのでこぼす時も火傷しないように注意が必要。

 

水筒の変化が楽しくてやってみた

⇒ 蛇口の白い汚れもとってみました

楽に掃除しただけで綺麗になってくれると嬉しくなる。

 

取れていくまでの洗浄過程

ツルツルになっていく過程を書いてるよ。

湯気が出るぐらい熱々の湯の中で溶けると同時にシュワシュワという小さい音が数秒したが、その後は音もしなくなり透明のままで変化なし。

気になりながらも様子見。

40分後には縁のあたりが変化してる。

そして時間がきてボウルにお湯を捨ててビックリ!
透明の水が茶色に変色してた!

でも中をのぞいたら色が残ってた。

水で流して洗剤がついたスポンジでこすると力もいずに泡がどんどん茶色になっていく

こんなもんかぁと思いながら洗ってたのに最後のほうは驚きと戸惑いがすごかった。

そして新品の輝きが戻ってた!

 

使い勝手がすごくいいのが分かる。

ガリガリしても落ちにくい風呂場の鏡にできる白い水垢やトイレの尿石にも効果バツグンみたい。しかも柔軟剤の代わりにもなる?これは洗剤から卒業できそうな勢い。

 

手荒れに注意

普段は手袋をつけて掃除や食器洗いをしてるが大容量のステンレスボトルは素手で洗ってるよ。今回の洗浄は痒くなるなどかぶれることはなかったけど多少の手荒れを感じた。

ハンドクリームを数回つけたら大丈夫だった。

ハイターみたいに危険ではないが肌が弱い人は気を付けたほうがいい。

予防として手袋とボトル用のボトル用の棒付きスポンジで防備。あとどの洗剤でも記載されてるように子供やペットがいる家庭では触らせない場所でする。

 

頑固な汚れに石鹸も効果的だったよ

⇒ 洗濯で落ちない襟汚れに石鹸が効いた

個人的には掃除に関して手軽で時間をかけずにちゃちゃとすませたい。

 

蓋とパッキン

パッキンに茶渋が蓄積すると蓋を閉めても漏れやすくこぼれやすくなる。

パッキンは塩素系漂白剤でもいいが、せんユニット(蓋)は酸素系漂白剤。

今まで私は両方とも塩素系漂白剤キッチンハイターを使ってた。これは大きな間違いだった!パッキンも蓋も同時にきれいにできるから酸素系漂白剤を使うのがよさそうだ。

 

まとめ

・ひどくなったら機能的には使えてもゴミに出すしかないと考えていたのが嘘のようだ。

・定期的にやっているので水筒の内側がピカーンと輝いてる♪

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
掃除
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY