炊飯器で簡単にできる!はくばくの押麦を食べて腸内環境を改善させたい

夫は好酸球性肺炎のためにプレドニン(ステロイド剤)をずっと服用してる。副作用はいくつもあって便秘になりやすいのもその一つ!

 

だから便秘にならないように腸内環境の改善目的で、ずーっと押麦か胚芽押麦を食べ続けてる。

 

押麦をとるのは簡単だから気長に毎日の食卓に出せるんだと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

便秘とは

適度な運動して野菜やフルーツ、ヨーグルトもとってるのに無理って人もいるはず。夫がそうだったしそもそも便秘ってどんなのを指すんだろう?気になりはじめたから検索してみた。

 

厚生労働省の健康情報サイトをみたら基準は人によって違う!

参考 ⇒ e-ヘルスネット 便秘と食事

普通は毎日あるけど、本人が苦痛じゃなければ問題ない
反対に毎日あっても苦痛や違和感を感じてるなら便秘の定義になる。

 

私は今まで一日で考えるんだと誤解してた!

言ってることは納得できる。でもうちはアレルギーだから出来るなら排泄したほうが良さそうってことで押麦も試すことにしたのだ。

 

押し麦の食物繊維量の多さ

調べてみてわかったのだ食物繊維には2種類ある。もちろん性質も役割も違ってること!

水溶性食物繊維は水に溶けやすい性質で血糖値などを下げる。

不溶性食物繊維は悪いのを身体の外に出す。

簡単にまとめるとこんな感じ。

 

含まれる食品を多くとれば無事に解決できそうだけど、一日で食べれる量なんて限られてる

サプリメントは飲みたくないので、できたら食べ物で手軽にとれるのはないか探してみたところスーパーでみつけたコレなら長く続けられそうだとおもった。

大麦の食物繊維比較

 

100グラムに対して水溶性4.5、不溶性4で合計8.5グラム

どちらかが多いわけでなく、ほぼ両方がとれるのは自分が求めてるのに合ってる。しかも食物繊維が沢山とれると考えていたゴボウや玄米より多かったのにはビックリ!

 

はじめ麦生活でお世話になったのは「はくばく」さきほどまで濁点がついてる「ばくばく」だと思ってた。

好きな分量で白米と一緒に混ぜて炊き上げることができる。

 

種類と栄養

表側がこんなかんじ。

はくばくの押し麦パッケージ
袋を開けると押しつぶされた状態で入ってる。

大麦が潰れて平になった状態

 

 

他にはどんなのがあるんだろうと興味がでてきたから販売会社はくばくさんのサイトにいってみた。

  • 押麦(スタンダード)
  • 胚芽押麦(胚芽が残ってるからビタミン豊富)
  • 米粒麦(炊き上がりが米と変わらない大きさ)
  • ビタバァレー(ビタミン強化)
  • 丸麦
なんと食べやすさと栄養の違いから5種類もあるみたい。

 

実際に私が買ってきたのは蒸気をあててローラーで押された普通のやつ。

麦の栄養成分

栄養成分をみてもスタンダードには糖質とたんぱく質はあってもビタミンは含まれていない

でも胚芽押麦なら食物繊維だけでなくビタミンB1やEも一緒にとれるらしい。

せっかく食べるならこっちのほうが良さそうだと考えたが残念なことに自宅近くの店には売ってない。でも通販で探したら売ってたよ♪

 

胚芽が付いてるだけで健康力がアップしそうだ。

個包装もあったり、販売店が違うとこだと大袋もある。

 

炊き方と割合

食べ方としてサラダやスープと色々なレシピがのってる。

違う食べ方をするのもいいけど、腸活のために簡単で長続きするのは白米と混ぜるのが一番

炊くのは圧力鍋で調理しなくても炊飯器でも出来るよ。

我が家は一升の炊飯器で米5、押し麦4の割合。

普通の方法だと水9合だけど、このときは一合多めにしてる。このやりかたでお粥みたいにとろっとした感じにはならず少し柔らかめの炊き上がりになるだけ。

 

ご飯を盛ってみた。

美味しい麦ごはん

これでも、ご飯の粒粒が分かる。

水加減を少なめにするか多めにするかでプチプチした食感が変わってくるからお好みで♪

水洗いの必要がない

早炊きなどは水多めにしても固めに仕上がる可能性がある

といだ白米に入れて炊くだけ。

炊きあがったご飯は小分けにしてラップに包んで冷凍保存が可能

作り置きでも使うときに電子レンジでチンすれば美味しく食べれるよ。ご飯は炊き立てがいいって人以外は、この保存で大丈夫!

 

まとめ

当初の目的の便秘のほうだけど、朝食だけなのに定期的に出てるみたいだ。しかし毎日とらないと数日おきになるらしいから、やっぱり続けることが大事みたいだ。健康面は良かったが、私が勝手に期待していたダイエットは関係なかった。やっぱ種類が違うからなのかなぁ?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
病気・健康
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY