カエルまんじゅう抹茶あんをミルク風呂ぽくのせた結果

用事とドライブをかねてお出かけした。帰りに名古屋駅前「KITTE名古屋」の愛くるしいカエルぷかぁプリンに会いに行くつもりが時間がなくて行けなかった。

 

SAで買った期間限定の抹茶あんと一緒に帰宅。自分でミルク風呂を作れば癒される?

 

そこで出張土産で知った青柳さんとこの可愛すぎるカエルまんじゅうをアレンジ

問題は不器用な私が作っても上手に「かえる風呂プリン」風になってくれるのかぁ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

渋いパッケージ

通常版を買う予定が4月から8月ぐらいまでしか販売されない抹茶あんがあった!高速道路のサービスエリアでも手に入った♪これは夏限定になるのかな。

緑の箱に入った季節限定のカエルまんじゅう

日持ちが20日だから3個入りがちょうどいい。

楽しくなる語呂合わせは健在♪

無事帰る。

 

違うのは外装の印象!

お茶を点てる道具が描かれてる。それだけでなく深緑の相乗効果もあるためか妙にリアルに見える。

男の子ぽい渋い雰囲気で「フッ」と笑ってるような味がある表情。

同じようにほんわかして可愛いはずなのに別のお菓子みたいに感じてしまうのは私だけ?

 

 関連記事、普通のタイプがこっち。

⇒ こしあんの青柳総本家のカエルまんじゅう

色彩の濃さで変わって見えるよ。

 

外装はがらりと違ってみえたが、中はどんなかんじかな?

笑ってる表情のカエルの形の饅頭

個包装で見た目は一緒。食べるのがもったいないぐらい愛らしさ満点のケロたん。

ちょっと失礼して、

ぱかぁ。

かわいい和菓子の断面は抹茶餡

抹茶あんがたっぷり♪

 

可愛い丸みのあるフォルムの中はなめらかなあんこ。あったかい飲み物と一緒に食べた和菓子は苦味もないから子供でも食べやすい味だと思った。

 

プリンを作ってデコる

今回はここからが本番!

お風呂に入ってニッコリ微笑んでる「ミルク風呂」の存在。

知らなかったら普通に美味しく食べて満足してたけど今回の私は違うよぉ。「KITTE名古屋」のカフェに行けなかったのが残念で自宅で作るのだ。

 

最大の問題は、
食べたことがない( ^ω^)・・・

そんなんで作れるの?

かなり不安。でもいろんな角度から表情がコロッと変わる愛らしい姿をみてたら「やっぱり自宅で癒されたいよぉー!」って事でリサーチしてみた。

  • 冷たいミルクシェイク
  • 持ち帰りは不向き(できない?)
  • サクラ味はおめかししてた

 

イメージはこんな感じになった。

ぷかぷか浮かんでいたのが時間がたつごとに少しずつ沈んでいく

全体的に「ふわふわ」で「なめらかな舌触り」で「濃厚な味」を想像してるけど合ってるかな?

うちでシェイクはなぁ。

無理!!

それ用の機械やミキサーがない。フードプロセッサーはあるけど上手に泡たっぷりにするのは自信がない。こうなったら別の物で代用しよう。

出来たのがこれ。

ミルクプリンをデコってアレンジ
なぜかてんこ盛り。私の中で和風や抹茶で連想すると「わびさび」の世界。それを表現しようと・・・

それは建前で、

本音は寂しすぎた!!

はじめは牛乳ゼリーの上にカエルまんじゅうが1個だけだった、同じように真似たつもりが全然違う。容器が広すぎ、透明じゃないから?泡じゃなくミルクプリンがぷるぷるだから?

 

なんだかなぁ。

これはデコるしかない♪

チョコレートで小枝と岩を再現。緑のとこは蓮の葉みたいな形にしたくて粉末のグリーンティをスプーンでパラパラとふりかけながら悪戦苦闘した結果。

カエルのミルク風呂とは違う方向に走ってしまった!

しかも考えたら饅頭の和菓子に洋菓子のチョコと牛乳プリン。でも甘いから問題ないかぁと思ったけどテーマがずれちゃった。画像の雰囲気は池だぁ。

あー私は池を作りたかったのです。

 

本物に会いにいきたい

このあいだ用事が早めに終われば行く予定だったので下調べだけはしてたよ。

地図では不明な道路経由と表示されたけど、ある程度は人の流れがあるはず。それに駅から数分の場所なので迷わずに辿りつけそうだと思ってるよ。

ここは少ない座席だけどイートンスペースという飲食できる場所がある

ここでしか食べれない限定の看板メニュースイーツを取り扱ってる。ぜひ行ってみたい気になってる場所!

 

お菓子でも季節を楽しめる春バージョンのサクラ味はパッチリお目々に口紅でお化粧してるみたい!そんな姿で浸ってるなんて一目ぼれしそうだぁー。また近くまでいく機会があったらカフェに立ち寄りたい。

 

まとめ

今度は前のと違って違って渋すぎる雰囲気のパッケージだった。また違うバージョンを食べてみたい。

住んでる場所と違う食べ物やスイーツって物って見てるだけでワクワクする♪

動物がモチーフになってるのをお土産でもらったらそのまま食べるのもいいけど一工夫するともっと楽しい。簡単だからカエル好きな子供と一緒に飾り付けするのもいいと思う。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お菓子・飲み物
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY