夫婦2人暮らし老後はどれぐらい必要になるか考えてみた

期待はしてなかったが、どんどん年金支給年齢が上がっていきそうな気がする。最近は老後破産や苦老人なんて考えさせるような言葉を聞く。

 

年金支給開始を70歳まで選択可能、遅らせるほど受給額が増えますってニュースをみた。

 

よほど健康に自信がないと無理じゃない?今からベビーブーム世代が一斉に年を取ってくるがどうなるの?老後はいくらあれば快適に過ごせる

みんなの平均貯蓄額や中央値を参考にしながら、我が家の使い道を考えてみたよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みんなの貯蓄額が知りたい

このあいだ貯蓄0円が多いけど富裕層が平均貯蓄額を上げてるってニュースをみた。いわば超貧乏と裕福な人の金額差がすごいってやつ。詳しいことが知りたいから総務省統計局をみてみた。

 

2人以上の世帯の貯蓄額

2017年 1,812万円
2016年 1,820万円
2015年 1,805万円

2008年の統計から全て一千万超えてる。もちろん貯蓄保有の中央値も高い。

年間収入が600万円台。

この年収があるならこれぐらいは貯めてる人が多いってことなのかぁ。

 

今度は金融広報中央委員会の家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査]を参考にした。

2017年の平均貯蓄額1,151万円、中央値380万円。

31.2%の貯蓄ゼロを含めた中央値、この金額のほうが現実的じゃないかな?

ドンッと桁が変わって一気にハードルが低くなる中央値の貯蓄額380万円!

通帳とか貯金箱とかタンス預金とか家の中をゴソゴソとかき集めてこの金額に達してたらひとまず安心しそう、しかし定年リタイア後を計算すると大幅に足りない。

 

退職後を消費支出で計算

1ヵ月の生活費で計算したら老後の必要資金が把握できるかな。

 

家計調査による2017年11月の消費支出2人以上の1世帯が27万7361円

数円単位をざっくりと毎月28万でやってみた。

28万×12で一年間の必要額。これを仕事を止める定年後からだいたいの生存年数をかける

こんな感じでシミュレーションすれば目安額がわかる。

 

でもうちは毎月こんなに使ってない

満足できて一生困らない金額は生活スタイルによって人それぞれ違う

 

 外食や買い物が好き、行動派で趣味もやりながら悠々自適な生活だと億は必要?

逆に少ない金額でも毎日を楽しく生活し貯金もしてる人なら老後資金は多くなくても良さそう。一概にこのラインだったら大丈夫とは言えないかも。

 

自分の生活費で計算してみた。15万×12ヶ月=180万×20年=3600万円

家賃も入れると、考えていたより大金がいる。
銀行口座の通帳をみてガッカリする女性
こうやって計画的に見直してみると貯蓄の中央値の380万年齢が重要かもしれない

給料が安くても20代だと転職できるし30代でもどうにかなりそう。50歳以上だと心許ない。

生涯現役なんてのは全員が当てはまらない!働く気力があっても病気にかかると体力が落ちる。

 

生活費の内訳

どこにどれぐらい予算を使うかを考えた時に役立つのがこれ。

家計簿の種類。

年齢や一人暮らしは関係なく家計簿に載ってる項目は使える

 

例えばこんな感じ。

  • 食費
  • 日用品
  • 住居費
  • ガス・電気・水道
  • 医療費
  • 交際費
  • 車関連
  • 趣味・娯楽
  • 保険
  • 美容・衣服

 

自分の両親のことを考えたら年をとっていくたびに増えるのと減る箇所が違ってきてた。

増えた項目は医療費と孫達への交際費

大病をしたことがなく、ほとんど風邪もひかないぐらい元気だったけど最近は病院に行くことが多くなったし数回ほど入院してる。身体が丈夫な人でも医療費は増えていくと思ってたほうがいいかも。

 

減ったのは美容や衣服と娯楽費

ここは人それぞれだろうなぁ。あと外食より弁当を頼むほうが多くなってた。

 

保険は入ってほうがいい?

両親がいくつも契約してたけど、年金のみになると大変になって保険料が高いのを止めてた。そのこともあり自分達は金額が変わらない医療保険、夫だけ生命保険に一社のみ加入してる。

しかし自分達が高齢になったとき医療費の自己負担割合がどれぐらい必要になるかが不安だけど。

 

住居スタイルによってもコストが変わるなぁ。

賃貸だと家賃が発生、マンション購入だと管理費や修繕費や駐車場代がかかる。

一軒家が良さそうに思うけど高齢になると階段や段差が大変になってくる。住居選びは難しいね。老人ホームに入所するのにもお金が必要になるから生活費の他に貯めてないときつくなるのかも。

 

転勤などの引っ越しで体験したこと。

⇒ 2人暮らし賃貸、都市ガスとプロパンガスの料金差額

一年のガス代をグラフ化。

⇒ ゴミの分別や出し方は地域によって大きくかわる

細かいのが苦手だと大変だと感じるとこ。

⇒ ビックリ!賃貸マンションのオーナーが変わった

どのあたりが変化したかをのせてる。

ライフスタイルは同じなのに支払う金額が違ってた。

 

まとめ

老後の生活費について「けっこうかかる」というのが正直な感想。早くからコツコツと貯蓄してたほうが良さそうだけど老後のためだけに頑張るのも嫌だというジレンマ。収入を増やすして貯金を少し多めにするのが一番かな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY