買ってよかった!停電時でも部屋を明るく照らすランタン

防災グッズの一つとして急な停電になっても役立つようにランタンを購入した。

 

ここでは買ったランタンの使い勝手や明るさについて書いてるよ。

 

手元にあるというだけで、いざというときの安心感がちがう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小さくてスリムな形

災害時やキャンプするのに持ち運ぶことを想定して小さめのを買って正解だった!

ランタンをペットボトルで比較
そのままだと高さと幅がわかりにくいと思ったから500ミリリットルのペットボトルと並べてみたよ。

高さはほとんど変わらない。全体的にコンパクト。

テーブルの上に置いてても圧迫感を感じず邪魔にはならないサイズ。そして吊り下げる事も可能♪

上からみた照明器具
上には長めの取っ手がついてる。それだけでなく底側にも同じようにぶら下げて使えるようになってる。

底面からみた取っ手付き照明器具
底側の輪っかは指ぐらいしか入らない長さだが、どちらか片方が壊れた場合でも吊り下げることができる

 

素材がプラスチックやラバーだから倒れても安心。

ガラスの部分がないから、もし割れた場合でも透明でみえずに大怪我する心配は減りそうだぁ。

 

乾電池が使える

コンセントに差し込まずに乾電池があれば点灯できるよ。

ランタンを買うきっかけになったのが「台風で電信柱が折れた!」こと!停電と断水になったから、いつ復旧するのか不安だった。災害が起こると近くの店舗で物が売切れになってしまう。

買い置きできるし、ひかくてき手に入りやすい乾電池で点く照明器具はあったほうがいい

今回かったのは単一電池が3個必要

3個の単一電池をいれた状態

入れ方はマイナスとプラスの表示があるので分かりやすい。ただほんの少しだけ閉める時にコツがいる

電源が入ったままで閉めたら簡単だった。

正しい方法ではないけど、接触部分が合ったときに光るからわかる。

 

本体の重さは320グラム、乾電池(1個139グラム)を含めると合計で737グラム

めちゃくちゃ軽くはないけど、重すぎもしない。ずっと持ち歩く物ではなく、基本的に置いたり吊り下げるものだから大丈夫じゃないかと考えてる。

 

注意する点はここ。

乾電池を入れたまま放置するなら液漏れしないのにする。

いつ使うかなんてわからないから、必要になった時に液漏れで本体が汚れてたらたまったものじゃない!だからランタンにいれた電池は100円でない日本製のにしたよ。

 

値段がお手頃だった。

MEIKEE 電池式1000ルーメン

非常用グッズだけでなく、夜釣りやキャンプなどアウトドアするときにも役に立つとおもう。

 

点灯は4つ

スイッチボタンを押すことで4つの点灯に切替が可能

  • 700ルーメン(昼白色)
  • 300ルーメン(電球色)
  • 1000ルーメン(フル・混合色)
  • 1000ルーメン(フラッシュ)

目が痛くなりそうな明るさだが、大丈夫!説明書に「目に優しい」と書いてたがそのとおりだった!

 

白昼色の灯り

これが白昼色。

電球色の灯り
こっちが電球色。

 

この画像では、このランタンは周囲まで明るいか疑問に思うよね?

でも大丈夫!!夜、遮光カーテンまで閉めた真っ暗な室内で試した。

白昼色だと6畳では隅々まで明るく字までよめる、12畳では十分な光があるから歩ける

手元から離して置いた状態。これは使えるよ。震災など不安な気持ちのときでも安心できそうだ。

電球色だと全体的に暗めだが6畳では問題ない。12畳でも物にぶつかることもなかった。

復旧に時間がかかりそうなときにこっちを使おうと考えてる。

 

あと二色の光が交互に点滅するので救助を求める場合に役立つかも。

普段では必要ない機能だけど、災害時に大声だしたり無駄な体力消費をしなくてすみそうかなぁ。

 

懐中電灯との違い

停電で数日すごした事がなかった時は懐中電灯とランタンの違いがわかってなかった。電柱が折れたときは、この「300ルーメンのハンディライト」だけで過ごしたのを思い返したら使い道で変わると気付いた!

 

ここが一番、大きかった。懐中電灯とランタンでは部屋全体の明るさがちがう

当たり前だけど懐中電灯は光を当てた場所しか照らさないから暗闇でご飯をたべるとき懐中電灯を自分達に向けると見ないように気を付けても目に光がはいって眩しかった。

 

床に置いてもランタンだと部屋全体が明るい

仕切り板とかないから影になる部分がないので役立つよ。

 

まとめ

置き場所もとらずに使い方も簡単、よく考えて設計されてると思うほど機能的。これは買ってよかった。懐中電灯とは別にランタンは一台あったほうがいいとおもう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
災害対策
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY