部屋のアリにコンバット!置いたらうじゃうじゃと集まってきた

2017年に部屋の中で見かけて今年も侵入してきた蟻!2階より上の階数なのにショック。ここのマンションに入居してから変なトラブルが多いなぁ。

ここではアリ用コンバットについて書いてる。

・侵入場所
・効果について

もう対処法は分かってる!

前回は初めての出来事でパニックを起こしたけど今年は冷静。あまり慣れたくない出来事だけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

窓のさんから侵入

前は一回だけ駆除したらいなくなってたのに!!卵がかえっただけ?今年は地震後に大量発生した。

うちは大家から工事が入るとか連絡事項も受けてないけど、現実的に蟻が登ってきてるから壁紙の内側にはヒビが多数あるのかもしれない( ^ω^)・・・考えたくない現実だわぁ。

小さい侵入経路の場所。

窓の隙間にいる蟻

小さい蟻の他に大きいのがいた。

また違うとこから出入り。
今度は窓のさんの隙間と何処か。

あと一カ所の場所が家具が邪魔で侵入口が分からない。悩んでたら雨が降った次の日に小さいのはウロウロしてるだけで、でかいのはいなくなってた!前回の羽アリのことがあったから調べた。

雨で道しるべが消えたから来てないだけ。しかも巣穴は空気も食べ物もあって溺れない構造

知能たかぁ!

たんに道が変わっただけか!

晴れる日が続いたら違うとこから出入りしてくるのか。雨の日でも家の中にいるのは巣穴が濡れない場所にあるってことだよね!この家が原因じゃないのと思いながら蟻用コンバット買ってきた。

 

ヒアリにも効き目がある

自宅にいる蟻の種類について未だによく分からない。

置くだけで簡単にアリ撃退
つい薬局で手に取った理由が「ヒアリにも効く」「アルゼンチンアリにも効く」しかも発売元がキンチョール、蚊やGの殺虫剤として夏定番の会社。アリ用駆除剤も販売してたんだね。

裏を返すと特徴が載ってた。

  • 巣ごと退治
  • 置くだけ
  • フィプロニル配合(プロ使用)

使い方は簡単そう。

アリ用のキンチョーの使い方

気になるのは餌がなくなる約三か月を目安に新しいのと置き換えとある。

待て待て、

そんな悠長なのは無理!

しかも大量だと時間かかるとある!でもプロ使用って速攻効いて撃退するイメージがするんだが、私の大きな勘違い?とりあえず外来種にも使えるし効き目は高そうだよなぁ。

これがキンチョーのやつ。

部屋の片隅に置いても気にならない程度の大きさ。

 

凄い威力

コンバットを袋からだしたら緑の容器が6個、手でミシン目にそって一個ずつは切り離して効率よく一気に置くことができるタイプ。有効期間は3ヵ月。設置した日付を忘れないように記入できる欄がある。

使用日が分かって使いやすい害虫駆除剤

裏側は粘着シール貼って固定できるようになってるから横だけでなく縦も置ける。

蓋とエサは一体型、粉と違って固形に近い半練りだから斜めにしてもこぼれずにすみそうだし風で飛ばされて違う場所に転がってる心配もなさそうだ。

においはなんだろう、ちと臭い。

鼻を近づけたらエッて躊躇するにおい。

甘い香りはしない!

こんな臭いにおいに吸引されて寄ってくるのか半信半疑だったけど効き目があった!!嘘じゃなかった!

コンバットに蟻が集まる
使い方は侵入してる近くに設置しただけ。数分もたたないうちに凄い勢いでゾロゾロと集まってきた。さすがキンチョー、殺虫剤を扱ってる駆除剤は違うなぁ。

ネットで「効果なし」や「効かない」というのもあったから少し不安だったが手を加えなくても集まってきた。実際に試してみないと分からないもんだなぁ。うちでは効果が抜群だった!

数時間後その場で30匹以上が動けない状態になってた

持ち帰ったあとに巣ごと退治だと思ってたがしびれてる感じで動かない。

次の日もそのままの状態だった。
その後も出てくる気配はない。

プロ使用とあったし持ち帰って絶滅させたのか?一個使っただけで一日どころか数時間で解決してしまった。ただ問題が一つだけあることに気付いた。

容器にうじゃうじゃと集まってたのを片付けないといけない

一匹、数匹だとまぁ大丈夫だが集団で黒い塊になってるとこを拭くのは気持ち悪かった。

両方同時に使ったことはないけど退治用としてはコンバットはビックリするほど効いた。ただ私的には死骸の片付けまで考えるとアリの巣コロリに軍配があがるかな。この辺は人それぞれだろうけど。

 

わかったこと

・即効性があったが片づけるのが気持ち悪かった。

・地上に近い階数じゃないのに毎年遭遇、たぶん来年も出没しそうだ。

・置き方は簡単、一個だけでいなくなった。残りは使わなかったので個包装なら便利だと思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY