ビックリ!賃貸マンションのオーナーが変わった

住んでる賃貸マンションのオーナーが変更になった!

 

引っ越したけど初めてだった。どんな風に変わっていったかを書いてるよ

 

しかし大家と管理会社の変更なんて身近で頻繁に起こらないと思うから参考になるか分からないけどね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

通知がきた

夫が「ただいま」ではなく、帰ってくるなり「大家がマンション売りおった」の一言。最初はなんの冗談かと思いながら理解できず聞き流していたが書類にかかれてる内容を読むと本当だった!

マンション所有権の紙

旧所有者と新所有者と管理会社のとこに捺印と振込先変更があった。

当マンション〇の所有権を譲渡致しました。

大家さんは一部屋ではなく建物全部売却したってことか!はっきりいって驚きしかなかった。持ち家と違って賃貸で入居してるとこんな出来事もおこるのか。

 

通知がくる前触れもなかったなぁ。

一軒家とちがって賃貸マンションやアパートだと挨拶はかわすけど会話をすることはないから他の人が知ってても伝わってくることはほとんどない。だからいきなりって感じだったよ。

 

気をつけたいことを調べた

オーナーが変わることで不安になってきた。

今まで通りの生活はできる?面倒な手続きが必要になったりするのか?

どんなふうになるのか情報を知りたくて心配なことを調べた。

 

参考になった外部サイト

⇒ マイナビ⇒ いえらぶコラム

 

気をつけたこと。

  1. 通知書は本物なのか。
  2. 新しい契約書の内容を確認する。

 

調べるまで考えたこともなかった!

詐欺の場合もあるのでポスト投函された封書について旧所有者の大家か管理人に確かめたほういいことを知った。

賃貸のオーナーが変わる衝撃だけで入ってたのをうのみにしてた。不安だったら電話をすることも大事

 

新しい賃貸契約書にサインする場合は不利な条件がないか隅々までチェックしておくのが大切。

ほとんどが前に同じが多いが、中には大幅に変更されてる場合もあるみたいだ。見ないで捺印してはダメ!

 

でもね「入居条件が合わなくなったら引っ越しでも考えよう」と夫と話してた。

だって交渉するにしても新しくなった大家さんとトラブルになって揉めたら住みにくくなりそうだからね。だから新たな契約書をみるまでは不安があったよ。

 

実際に変更になった箇所

封書が入ってからどんなとこが変わっていったか書いてるよ。

 

告知

ポスト投函後すぐ入居者が絶対に目に付くような場所に物件が売却された通知書、また管理会社が変更されたことを示す看板がたてかけられた。とにかく封書を見てない人でも気付かせるような方法をとってた。

 

口座変更
当たり前だけど借家だから家賃の振込先は全て変わったよ。新しい家主へは何月分からの支払いになると書かれてた。

 

設備保全
マンション内の清掃、設備機器のメンテナンスをする管理会社が変わった

暗い場所に電球がついたり球切れになってた物がとりかえられた。消火器もきれいになった

始めだけなのかなぁ?どんな感じで変化するのか不安だったけど良い感じになってきている。同じ建物なのに手入れされていくと見た目が違うものだなぁと実感。お手入れ大事!

ほかはインターネット利用についてのアンケートもきた。

今はパソコンよりスマホを使ってる人がほとんどだから、利用者がいなかったらネット設備がなくなるかもしれない。新しい所有者次第だぁ。ネット環境についてはどうなるのかは今のとこよくわからない。

 

連絡網
引っ越し先で受け取ったのは初めて。

掲示板だけでなく、見たらチェックするような回覧板がくるようになった。

実家ではきてた。でも賃貸ではまわってこないからそれが当たり前だと思ってたから、ちょっと驚いた。

 

貸契約書内容への同意
部屋を借りてる人にとって重要なのはこの用紙だと思うよ。

家賃や敷金についてなど2枚の紙に書かれてた。納得して名前と印鑑おした。

普通に家を探して借りたときより内容をよく読んだ。うちの場合、家賃などお金に関する変更はなかった。

 

まとめ

オーナーと管理会社の変更というのは仰天するような知らせだった。

ネットで調べると家賃の値上げ、または家賃何か月分の更新料が増えてたりする場合もあるとみたので不安だっがが、自分には振込先の口座が変更になったぐらいで無風、ほとんどといっていいぐらい全然関係ないような状態で過ごせてる。

今後なにか出てくるとしたらインターネットの問題と引っ越した時どうなるかぐらいか。後日、追加予定。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY