スーパーに売ってた豆苗を育てた結果

家庭菜園の苗や種が売られてる販売店でなく、普通のスーパーに置いてる野菜

その豆苗を植えたら、どんな感じで育つのかやってみた。

 

 内容は栽培した時期、難しかったことなど。

 

初心者の自分がやって気付いたことを書いてるよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

二つの方法で試した

最初に土に植えたのはこれ。

5センチの長さの豆苗

短い理由は1回目は料理に使用した。これは2回目、水に浸してたら新たに5センチほど伸びてきたやつ。しかし寒いせいか、ものすごく伸びが悪い

 

土に植えた途端、ぜんぜん成長してくる気配がないので、新たに植えなおした。長さは約13センチほど、葉っぱの枚数も最初の時よりも多め。

 

その結果、わかったこと。

ある程度の大きさは必要。

一回目より二回目に植えたほうが成長速度が速い

豆苗の成長速度の違い

違いがわかるように並べてみた。後に植えた左側のほうが伸びてる。毎日、変化してるから楽しい。もちろん同じような条件になるようにした。

 

  1. 豆苗の脇芽を植えた。
  2. 日当たりがいい場所にプランターを設置。
  3. 表面の土が乾いてから水やり。
  4. 肥料は植える時だけ。追肥は春になってから。

違ってたのは植えた時の長さだけ

 

小さくても萎れて枯れることもなかったけど、全体的にツルも葉っぱの大きさがちっちゃいまま成長してた。1か月たっても伸びが遅かった。

 

気にかけたこと

自分になりに気にかけたのは、この三つ。

  • 栽培時期。
  • 温度。
  • 早い段階で支柱をたてる。

 

調べたら寒い冬を乗り越えてから収穫ができるとあった。

グリーピーンスのは4月から6月。種まき10月中旬から11月中旬。

たしかに毎年、近所の数軒が秋から冬にかけて豆の苗を育ててる。

いつも肌寒くなってくる秋の終わりから栽培はじめて、12月中旬頃には約15センチぐらいまで成長、1月終わりには50センチほどになってる

 

しかし自分が植えたのは寒くなった12月半ば

そして成長速度の遅さで分かったことは、温度は超重要

暖かい季節の時と違って、寒いと伸びが悪い!今度からは植える時期を11月の終わりぐらいにはしておこうと思ってる。

 

これから雪が降るぐらいの寒波が到来した場合は対策をするつもり。

ベランダで出来ることは限られてるので、一番簡単な方法は夜の間だけビニール袋をかぶせることだと思う。大きさはゴミ袋サイズで、少しだけハサミで切込みをいれておけば植物が呼吸できるから枯れないはず!

 

そして根がはる前からしておけば安心なことは、苗のそばに棒を立てる

支柱があることで、風が強い日でも倒れにくい。

しかし太い棒の支柱にはツルが巻き付きにくかった。細いほうがいいと思う。

 

難しかったこと

これは栽培用じゃなく普通の野菜だから葉が密集、根っこは絡みあってる。

水で栽培した豆苗
根っこをはずすのが大変だった。簡単に手で分けることができないから、両手で引っ張りながらブチブチと音を立てながら切断していった。

そしたら、太もやしみたいな状態になってしまった。

豆苗の葉と根っこ
ようやくバラバラにできたけど、量が増えてた。実際に植えてるのは2本だけ、もっとプランターを用意しておけばよかったと後悔。

 

実がなるのが楽しみ

いまのとこ1月下旬でも順調に育ってる。豆苗はグリーンピースの若菜だから、もしかしたらグリーンピースが収穫できるんじゃないかと期待を膨らませて栽培してる。次に更新するときはツルが伸びて花が咲いて収穫できたぁーって報告したい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ベランダ栽培
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY