沖縄の自然を楽しむ比地大滝までトレッキングしてきた

沖縄県国頭村にある比地大滝、滝が流れる最終地点までトレッキングしてきた。

 

温度は17度ぐらい、寒くもなく暑すぎない気温。しかし前日が雨、当日は曇りだった。

 

沖縄の青い空はみれなかったけど、歩いたのが冬でよかった。夏なら途中で諦めて帰ったかもしれない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

場所は北部にある

那覇市内のビルが立ち並ぶ風景とは違い沖縄北部は自然が豊かだ。

沖縄北部で遊歩道がある場所
入口の前が駐車所になってた

無料で停めることができたよ。

着いたとき駐車してる車は4台ぐらいだったかなぁ。帰りも同じぐらいしかいなかったと思う。

 

入るとこに施設内の簡単なマップがあった。

比地大滝の案内地図
この案内図みてるとすぐに辿り着けそうと甘く考えてたが実際に歩いてみると、かなり距離があった。片道、だいたい一時間ぐらいはかかったと思う。

 

荷物は少なめで歩きやすい服

滝に近づくにつれて落差が激しくなってくる。

軽やかに比地大滝まで行きたないなら手荷物は少なめがいい

ここの入場料、飲み物と飴玉、あとはスマホぐらいでじゅうぶんかなぁ。自動販売機も入口付近のキャンプ場のとこだけ森の中にはない。トイレは途中にもあったが故障中だった。とにかく身軽なほうが楽

 

服装はコンクリートで舗装されたとこだけならサンダルでもいけそうだが、スニーカーのほうがいいかな。

整備はされてるけど土の上も歩くから、けっこう汚れた

前日が雨だったせいもあるが何カ所かぬかるんだとこがあった。大きめ石に足をおいて歩いていけるようにしてくれてたから管理は行き届いてると思った。

 

あと遭遇しなかったけどがいる。

入るとこに書かれてた!ハブがいるみたいだ。

手入れされてる遊歩道だから不安はないけど、基本的に亜熱帯の森だからいてもおかしくはないかなぁ。ついつい珍しい草花や鳥に惹かれて道から外れて山に入ればあう可能性はある?

 

料金が安い

あれこれと沖縄のレジャーを楽しんだらお金がかかる。そんなかで比地大滝は驚くほど安い料金だった。

比地大滝の料金
ワンコインですむ金額。

小中学生が300円、大人でも500円

これだけの入場料金で全体を見てまわることができた。

 

風景をみながら目的地へ

1月だったが既に桜が少し開花しはじめてた!でも自分達が行ったとき花は桜だけだったような、沖縄らしい花をみた記憶があまりないが、ヘゴの大きさに驚いて何枚も撮ってた( ^ω^)・・・

大きいヘゴ
木性シダ植物だけあって、ちっちゃくない。高さが大人の身長ぐらいあったよ

 

比地川渓流に生息している野鳥は全部で6羽

比地川でみられる野鳥
自分達はメジロだけ見れて鳴き声も聞けたけど、素早くて写真は撮れなかった。

左から特別天然記念物ノグチゲラ、ヒヨドリ、メジロ、アカショウビン、アカヒゲ、カワセミ、リュウキュウキジバト、チュウダイズアカアオバト

運が良ければ色鮮やかな小鳥に出会えるはず♪

 

風景を見ながら歩いていくと中間地点の赤い吊り橋にたどりついたよ。

人がいない赤い吊り橋
長い吊り橋なのに、人がいなかった

吊り橋から下を覗いたり風景とったりしてる間、誰もこなかった。

入口付近の舗装された道路は小学生ぐらいの子どもが数名いたけどが、この付近ですれ違った数組の人たちは大人だけ。みんなリュック背負ってハイキングの恰好してた

 

ここからのんびり登っていくわけでなく「まだ?」を連呼するぐらい、私にはものすごくきつかった。

木の長い階段

階段が永遠に続くような錯覚におちいる。誰にも会わないのをいいことに階段の途中で座って休んだりもした。やっと比地大滝までたどり着いたときは達成感が半端なかった

沖縄北部にある滝
ごつごつした石の上を歩いていけば、かなり近くで見ることができるようになってた。

いちおう落ちないようにロープで囲ってる。

写真とるのに夢中になりすぎなければ足滑らすような状態はほとんどないかなぁ。いろんな角度から撮ってたが、そのあいだも誰もこなかったから、のんびり上から流れてくる25.7メートルの落差の滝がみれた。

 

帰りは同じ道を戻っていったけどきつくなかった

階段を降りるのが楽だったし、同じ距離でも帰り道がわかってたからかなぁ?

行きより楽だったし早く入口に着いたと思う。

 

まとめ

鳥の声を聞きながら沖縄の自然を満喫しながら川沿いに沿って整備されたとこを散策できる場所だったから山が好き、穴場スポットに行ってみたい人によさそう。遊歩道を歩きながら、いくつかの亜熱帯の動植物を見つけることができそうだと思った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行記
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY