健康診断で尿潜血が出たから尿試験紙で調べてから病院に行ってきた

年齢のせいかぁー最近は健康診断の時期がくる前後は規則正しい生活考えてしまう。

初めて、思いがけない結果がついてしまった。尿検査で潜血+にチェックがついてた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

健康診断の結果

この間のやつで、こんなん出たけどと言って渡された夫の健康診断結果。

健康診断の結果に尿潜血

要経過観察の文字。

エー具合悪かったの?

健康診断の前日なにをした、何たべた、激しい運動はしたのか考えるけど数週間前の事なのに意識してないと詳細部分の記憶曖昧。記録もとってないしなぁ。悩んでも答えがでない。

もう一度、病院で再検査する事をすすめるが要経過観測を理由に頑なに行くことを渋る。

そうだった!毎月通院してるけど本当は大の病院嫌いだったの忘れてたー。何かいい方法はないかと探して見つけたのが自宅で確かめられる尿試験紙というのがあることを知った。

 

売ってる場所が限られている?

テルモ株式会社「ウリエースkc」

尿潜血だけでなく、同時に尿たん白と尿糖を知るできるので便利だと思う。

しかし蛋白Tと糖Gaの検査用は通販の楽天やamazonでも売ってるのに、潜血だけがみつからない。市販されてるのは薬局だけなのかなと疑問に思いながらも買いにいきました。

  • 1店舗目、置いてなかった
  • 2店舗目、売ってない
  • 3店舗目、何処にあるの?
  • 4店舗目、購入できた

ほんとに見つからなかった!

普段は店員に尋ねることをしない私だけど、3店舗目にしてさすがにありえないと気付きも「ここにあるものしかないですね」と言われ、小さい店だから置いてないのかと勝手に納得して大きなドラッグストアへ。

しかしそこでもなかったのでメーカーへ取り寄せができないかお願いしました。

ウリエースKC手に入れた

待つこと三日間、価格は10枚で950円でした。

置いてないときは店員に尋ねたほうがいい。

私みたいにどこで買えるのか探し回るような無駄な時間はしなくてすみます。

 

あけてみた

手の平に収まるサイズで重さは軽い。封をあけると長細い丸型容器に検査結果の色が書かれてて使用した試験紙を見比べて判断する形。項目によって時間はそれぞれ違ってる。

尿に潜血があるか色で調べる
赤字で湿気厳禁の文字。

湿気を吸うと検査結果に影響がでるとある

 

使ってみた

前日は規則正しい生活をした次の日の朝一番で試しました。

朝一だと一番、濃いような気がする(苦笑)

使い方は難しくなかった。

ウリエースKCの方法

 

  1. 試験紙に1秒間、尿をかける
  2. 結果を色と比較する
  3. 使用した紙はトイレに流す

実際やってみると陰性にみえた。

やはり不安だったので同じ日のお昼すぎに試しても止まってるように見えた!

止まってる!結果は陰性だ

とりあえず病院を拒んでた夫に「健康診断の時は一時的だったかも。病院にいっても陰性の結果じゃない」と言い泌尿器科にいってもらいました。病院嫌いの家族がいる場合はこの手は使えるかも(汗)

 

自己検査と泌尿器科での診断の違い

止まってなかった!

健康診断の結果から何も変わってなかった。いつからかは分からないが少しずつ出てたみたい。

自己検査だとハッキリと目視で分かるぐらいじゃないと難しいと思った。

自分達が健康でいたい気持ちから思い込みが加算されたのか。

こうなったらとことん調べてもらいたい!

泌尿器科では尿検査とエコーで腎臓などを調べたよ。最終的にCTまで撮りました。不安解消とばかりに受けることを決意したが、小さな個人病院だったので日にちを変えて違うとこで撮影することになった。

当日に全ての検査をすませたいなら総合病院のほうが楽だった。

予約して2週間後にCT撮影、さらに結果がでるまで1週間。最終的な診断までは1ヶ月ほどかかった。

その期間トイレいくたびに心配で「大丈夫?」と聞いてた。いまさらだけど自分だったら逆に不安になるから言わないでと思うかも。ほんとにいまさらだね(苦笑)

 

診断結果

診断結果はCTは異常なし、原因は腎臓の毛細血管が切れてるかもしれない。量が増えるようなら考えましょう。

経過観測で通院終了。

もちろん薬とか一切でていない。

次の年の健康診断でも同じ結果だった。止まる事がないのか?しかしこのせいで大病の初期段階が分からなくなってしまった。早期発見には病院で定期検査だけかなぁ。

薬局でウリエースkcを取り寄せるときに50枚と悩んだけど、10枚入りを購入してよかった。。血尿が気になり始めて何度も調べるより病院にいって身体の状態を知ったほうが安心できた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
病気・健康
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY