好酸球性肺炎が再発して悪化し繰り返す原因と日常生活で注意してること

夫は2006年に好酸球性肺炎を発症し入院、その後も通院しながら現在も治療中。

 

好酸球性肺炎になるまで喫煙。タバコの本数は1日10本未満程度。息苦しくなりはじめたら少なくなったけど禁煙はしてなかった

退院後は禁煙に成功しました・・・するしかなかったが正しいかもしれない。

 

ここではどんな状況だったのか、再発した出来事などについて書いてるよ

 

最初は周辺に同じような症状がおらず悪くなるスピードも速く仕事復帰できるか心配になるぐらい体調が変わっていったから凄く不安になった記憶がある。予後は気をつければ普通の生活がおくれてる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

最初は山登り後に体調が悪化

1年に数回、重たい荷物を背負って山登り後に仕事をして帰ってくる作業が毎年あった。

 

11月下旬。

山登りから帰って軽いコンコンとした咳が出始め微熱や鼻水が続いたが風邪の初期症状だと思った。最初は普通に会話ができるぐらいの状態だった。

 

12月中旬。

夜中も眠れないほど激しい咳にかわり回数が増えた。おかしいと気付くも仕事が忙しくなり、下旬にアレルギー内科がある個人病院にいくが結果は正月あけになった。

 

12月下旬。

普段通りの生活ができない。

この頃になると走ることはもってのほか数歩あるくだけでも息苦しく立ち止まるようになる。高熱が出始め顔は赤いのに唇が青くなって魚が口をパクパクするような動き。

酸素が薄い」とも言ってた。

 

正月あけて。

再び病院にいくとその場で専門家の呼吸器内科への紹介状が渡され、当日に入院になった。このときのレントゲンでがあり肺が部分的に真っ白だと言われる。

病院は平日に行った方がいい。

金曜日の夕方に入院した為に土日は検査を受けれず治療を開始したのは月曜日からだった。

 

 診断がくだり投薬が始まると一気に回復

この病気の入院期間は一ヶ月間と長かった。顔色も体力も回復してたが減薬のためにいる状態。

退院時はプレドニン(ステロイド)10mg、副作用を聞いたので減量に頑張り3mgまで減る。しかし再び山登りで肺に影がでて再発し20mgまで増える。その後は数値が下がらなくなった。現在は5mg。

 

思い返せば、ことごとくタイミングが悪かったと思う。

 

具合が悪くなった出来事

人によってこの箇所は大きく違うと思うが、夫が再発した出来事について書いてる。ちなみに花粉症の代表ともいえるなど様々なアレルギー検査には反応しなかった。最終的に特定できていない

再発させたこと。

  • 山登り
  • 受動喫煙
  • ほこり
  • 季節

今のとこはこれだけ。
これによって現れる症状は同じではない

 

山登りをしている男性
標高がある山登りは完全に無理

しかしで世界遺産の富士山5合目まで行ったけど大丈夫だった。

温度差が激しい場所だったが問題なかった。重い荷物をもって身体に負担をかけるのがダメなのか?

 

 

禁煙服にタバコのニオイが残るぐらい煙ってた部屋で過ごす。

数時間後に高熱や胸の辺りが痛むなどの症状が出て夜中眠れず、朝一で病院にかけこんだ。

最初になった状態と似てたが影はでてなかった。帰宅直後は元気で楽しそうだったのに数時間で急変

 

 

掃除に使う道具
ほこりはアレルギー検査では反応してなかった。

しかしマスクなしで会社の大掃除作業した二日後に軽い咳がではじめ徐々にひどくなり3週間後に病院に行くと少し影があった。

常に予備マスクを持ち歩いてる。

 

 

呼吸器内科がある病院
入院したのは最初だけで、今は1ヶ月に一回はレントゲンと血液検査をしに通院してる状態。

再発率や頻度とかは関係ない。その時まで体調がよくても原因に遭遇すると急激に悪化する。

 

関連記事! ここ最近の状態をまとめてみた。⇒ 好酸球性肺炎から好酸球性胃炎になるまで

薬の量は変わってないが、まで症状が出てきてる。

 

暮らしでの予防

医者から肌寒くなってくると毎年言われてる言葉がある。

風邪には気をつけてください!

風邪でマスクしてる男性

 

寒い季節になると数値が上昇しやすいので生活で意識的にやってるのはこれだけだ。

  • 手洗い
  • うがい
  • マスク(寒い時期から花粉が飛んでる間のみ)
  • 睡眠をとる
  • ご飯をきちんと食べる
  • 適度に動く
  • 便秘

健康な人とあまり変わらないと思う。

 

いまでも続けてる風邪予防

⇒ 梅肉エキス
⇒ 後藤散のど飴

梅肉エキスは青梅を煮詰めたものだよ。それを毎日飲んでる。

風邪が引き金になる。特に冬は注意が必要で具合が悪くならないように気を付けるしかない。

 

ステロイドの副作用リスク

ステロイドの副作用は多い。

顔にむくみがでるムーンフェイス。プレドニンの量が一時的に増えたときに全体的に体つきが丸くなった事はあったが量が減れば体型は元に戻った

それより長期服用なってしまうほうが怖い。

 

最近は胃の状態を質問される。

この間は副作用リスクから「骨粗しょう症の心配もでてくるので調べましょう」といわれた。

骨密度検査の結果

腰椎と大腿骨のBMD(骨密度)がわかる検査を受けてた。

  • 大腿骨0.901g/cm2、同年齢との比較102%、若年成人との比較96%
  • 腰椎1.172g/cm2、同年齢との比較101%、若年成人との比較99%

問題なかった!!

 

検査は1ヶ月後だったから結果がわかるまで、新たな疾病がみつかったらと不安だった。

骨折を防ぐために、これからも骨ごと食べれる小魚を定期的にだすようにしてる。

 

便秘にもなりやすいと言われてる。

もともと夫は便秘だと思う。

⇒ 押麦で便秘改善。栄養成分の水溶性と不溶性の食物繊維が凄い

白米に押麦を混ぜたりして食物繊維をできるだけとるようにしてる。

すぐ治らないので長続きできることを実践してる。

 

まとめ

好酸球性肺炎について悪化すると呼吸が苦しくなり咳がひどくなるので、人にうつると誤解されやすいが自己免疫疾患なのでうつらない

遺伝は関係ないはず、親族や兄弟をみても長寿でみんな凄く元気。逆に何年もたつと完治してると思われてて「今も治ってない」と話すと驚かれる。

薬の副作用などあるから完治できるのが一番だけど・・・難しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
病気・健康
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY