うますぎる沖縄の飲み物にドはまり中!3種類を飲み比べ

名前は違うけどミキに似てる沖縄の飲料水。他の県で見かけない、とろっとした南国の飲み物。

 

沖縄県産品のべにいも、うるま、よもぎを購入。飲み比べたい!

 

他にも何本かあったけど、旅行だと荷物が重かった。気になったのを三つ選んできた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

食べるのでなく飲む玄米

大きさは小さいけどなんか銭湯で置いてあった牛乳瓶を彷彿させるような、ぶあつい瓶にはいってる。量は200ミリリットルだが、重厚そうな外見からそれ以上に入ってるような気分にさせてくれる。

3種類の玄米の飲み物
蓋を上に持ち上げてあけたらすぐ飲める

左からよもぎげんまい・べにいもげんまい・うるまげんまいの3種類。

 

この中で以前、沖縄旅行中に飲んだことがあるのはうるまげんまい

真夏の暑さでやられた身体でも飲みやすい。めちゃくちゃ美味かった♪

わたし的には夏バテしたときにはスポーツドリンクより好み。食欲がないときでも冷やしたのを飲むと身体にすっとはいっていくかんじ。1本130円ぐらいだったかなぁ。好きで毎日のみたいけど、ただただ残念なことにコスパを考えると無理だわ

 

べにいも

紅芋といえば中が赤紫の芋。お菓子だと沖縄土産でみかける紅芋タルトが有名かな?そんな鮮やかな色をした芋が主原料のべにいもげんまい。

紫色をした紅芋ドリンク

小豆と間違いしそうなぐらい色が似てるが、これ沖縄県産の紅芋。もちろん着色料なし

使用されてる原材料もこだわってる。

国産玄米100パーセント、島の芋や塩と黒糖、そして名護の水

 

これですよ♪美味い、喉にはいる感覚がサイコー。ほんのり米の甘味がある

かすかにのにおいがするけど、ごつごつした食感はなくさらっとしてる。粒々があるけど全体的にとろりとして滑らか。これ1本で49キロカロリー。ナトリウムもとれるよ。

 

よもぎ

島でとれたよもぎがたっぷり。そういえば沖縄そば食べたら葱ではなくよもぎ(ふぅちばあ)がボールに入って好きなだけ取り放題だった。今までお餅か饅頭にちょこっと入ってるだけだから新鮮な感覚

緑色をしたよもぎドリンク
合成着色料は使われてない自然なよもぎの色。もちろん他の原料も安心感たっぷり。

苦味や渋味は全然ない。よもぎ餅のような甘味があるが、すぐに消えてぐいぐい飲める

とても優しい味だから、甘いのが苦手な人でも大丈夫だと思う。けっこう美味い♪

 

うるま

蓋をあけたら、とてもいい生姜の香りがふわぁっと広がる。

茶褐色のうるまドリンク

このうるまげんまい、写真だとわかりにくいけど、横に傾けたとき、ほかのよりとろとろしてる。

とろみだけでなく、甘味のほうも生姜と黒糖の味が強いかなぁ。

 

珊瑚の島と書いてるとおりサンゴカルシウムが原材料にのってるのだ。といっても飲んでも珊瑚の味がするとか白いのが珊瑚の欠片なんじゃないかとか思いそうだが、全然!表示されてなかったら気付かない

ちなみにカルシウムが98.6ミリグラムとれるのだぁー。

べにいもげんまい、よもぎげんまいの栄養成分表示には書かれてないから珊瑚が入ってるからだろうなぁ。味覚的には分からないけど、初めてみた人には気になる商品のはず!お土産によさそう。

 

どうやら通販でも売ってたみたいだ。

同じシリーズで黒ごめ黒ごまげんまいっていうのもある。自分が買った店ではなかったぶん、気になる。やっぱり胡麻の香ばしいかおりで味も胡麻なんだろうか?興味ある。

個人的にはミキとの違いも知りたい。機会があったら飲み比べしてみたい!

 

まとめ

この飲み物は島でとれた材料がふんだんに使われてるし、なにより防腐剤や着色料などもはいってないから安心できるドリンク。3種類を飲み比べた結果、個人的に好みだった順番。

よもぎ → うるま → べにいも

こんなかんじかな。購入したときは芋が一番だと確信してたけど、予想外なことに蓬だった。甘さが控えめで夏にサイコー。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
お菓子・飲み物
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY