洞窟にある35コーヒー店舗に行ってツアーにも参加してきた

沖縄いく前に35コーヒーの店舗をみてたら、おしゃれな洞窟カフェになってるとこを発見!

 

お茶したくて行ってきたよ♪しかしそこはガンガラーの谷ツアーにもいける場所だったのだ。

 

また沖縄いったら35コーヒーの洞窟は行きたい

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

心躍るケイブカフェ

車をガンガラーの谷の駐車場にとめて芝生の坂を下り始めるとわくわくするような光景が目の前にある。

沖縄にあるおしゃれなカフェ
うっそうとした木の奥にあるのがケイブカフェ。近寄ると洞窟が大パノラマが目の前に広がる。ここは一部だけでなく全体がお店になってて、ものすごくおしゃれ♪

洞窟にある喫茶店
ほんのりライトアップされた天然の鍾乳洞に囲まれてると独特な雰囲気がある♪ここでは結婚式やライブも開催されることもあるみたいだ。どんなかんじなんだろう?見てみたい!!

洞窟内にある35コーヒー

はじめてハイビスカスソーダのんだが美味しかった。ほんとうはアイスまでのせて「おきなわフロート」にしたかったがけど小雨がふる冬は食べたくなかった。やっぱり暑い沖縄がいいよね。

ここはガンガラーの谷を探検せず洞窟内にある35コーヒーだけで寛ぐこともできる

のんびりした時間が流れてる雰囲気がすごく好き。

 

同じ場所で見学の申し込みできた

コーヒーだけ飲むつもりが、ガンガラーの谷ツアーもこの場所で申し込めるのを知り行ってきた。

料金は大人2200円、学生1700円。約1キロを約1時間20分かけて歩く。

時間が長いので大変な気がしたが、舗装した道なので楽だった。それに座って説明きいたり立ち止まって風景をみてるから時間はあっという間に過ぎて大変ではなかった

服装は滑りにくい歩きやすい靴がいいよ。

岩を登ったりはしないから、地面についてしまうような長いスカートとかでなければなんでもよさそうだと思った。履物のほうが大事。わたしはスニーカー履いていった。他の人もヒールがない平な靴だったなぁ

 

人数は決まっているため定員に空きがあれば当日の飛び込み参加でも大丈夫だよ

すぐに出発できるのが空いてたし、せっかくだから行ってきた。その場で申し込みをしたよ

自分たちが行った時は小雨が降ってる一月だった。夏の晴天だったら人が多かったかも?確実に見学したい場合は事前にホームページか電話で予約しておいたほうがよさそうかなぁ。

 

集合場所に約20人ちかくいたよ。すぐ始まったから時間厳守だ。

見てまわるコースと数万年前のがみつかった鐘乳洞の話などを聞いてから出発したよ。

 

すぐに興味ひかれるものがあった。

鍾乳洞の小さな突起物
雫みたいになってる小さな突起物わかる?原因不明で割れた先端から、また新たなのができてる。たしかこれ40年かけてできたものだったはず!長い年月が過ぎていくとでっかく伸びてつららみたいに変化する。

洞窟のデコボコ壁
こんなになるまでの月日はどれぐらいだろう。ガイドさんが話してたような( ^ω^)・・・。私の曖昧な記憶より撮ってきた写真のほうが参考になるかなぁ?

発掘調査区I
約23000年前 世界最古の釣り針
約20000年前 カニの爪
約14000年前 沖縄最古の石器

ここの洞窟は数千年前ってことだよ!

 

そういえばガジュマルの木もすごかった。

ガンガラー谷のガジュマルの木

晴天じゃなかったのが残念だけど、厳かな感じだったよ。

ちなみにガジュマルの木は歩くと知ったよ。垂れ下がってるのは根っこ。

空に向かって真っすぐ伸びるんじゃなかった!伸ばしながら進むんだって。根っこ触ったらかたかった

 

約2万年前に生活していとおもわれる古代人の住居地跡もみた。ここは現在も発掘中のとこがあったよ。

発掘された昔の住居地

冬だと気温差がわからなかったけど夏はひんやりして気持ちいいらしい。やっぱり今と変わらず昔の人も暑いのは苦手だったのかもしれない。そして大昔、沖縄に存在していたと言われてる港川人

沖縄県民の祖先

祖先ってことにだから、沖縄人の顔のルーツってことになるね。

けっこう目鼻立ちがはっきりしてると思わない?

髭や眉を整えたら道路を歩いてても気付かないだろう。女性はどんな雰囲気だったんだろう?興味がある。

 

最後はまとめ話を聞いて沖縄ワールド側から出て終了となった。

解説つきだし、入口と出口は別の場所だから中の状態は行かないと見れない!時間があったから参加したがお手軽な探検みたいで楽しかった。

 

まとめ

本物の鍾乳洞が見れるだけでなく、そこでお茶まで飲める珍しいカフェだった。

遺跡が見れるガンガラーの谷はグループで移動だが楽しくて疲れることはなかった。またグッズだけ欲しい場合はカフェの横で販売されてるから誰でも購入することができるようになってた。覚えてるのは印象的だった港側人の顔がのってたうちわ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
旅行記
シェアする
ななのばいをフォローする
NANANOBUY